mainimg

大手企業に転職できると収入もドンっと上がるでしょう

大手企業に転職をして、仕事をすることになった場合、収入が上がる事が多いですが、最も差が出るのはボーナスになるでしょう。
中小企業のケースだと、ボーナスが小額だったり、業績によってはゼロという場合もあります。
月給が同じ40万円だったとしても、ボーナスがないと年収は480万円ですが、ボーナスが一年に二回、あったとすれば、それだけ収入が違ってくることとなります。
中小企業は様々な経営上の問題を持っているので、中小企業診断士に合格していれば、転職を行う場合にも有利になるでしょう。中小企業診断士という資格は、中小企業の問題の診断や解決を行い、経営上の助言をする専門家であり、経営コンサルタントと同様の役割だと考えてください。転職する意義というものは文書選考や面接にて非常に大切です。相手に分かってもらえる理由でない限りこの人はだめだな、という印象を持たれてしまいます。
けれど、転職理由を説明せよと言われても上手に伝えられない人も決して少数派ではないはずです。
過半数の方が経歴を書く場面や面談の場面でこの職を辞めたわけで一苦労します。
大手企業に職を変われば、給料はアップするのでしょうか?基本的には収入アップとなるので、給料にこだわるなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。
大企業のケースは年収800万円前後もそう珍しいことではないでしょう。年収が1000万円ほどの人もいるため、明らかに中小企業よりも収入は多くなるといえますね。

1 2 3 4 5 6 14

▲Pagetop